« 今日の野良仕事 | トップページ | 今日の野良仕事 »

2007年9月30日 (日)

謎の添付ファイル'winmail.dat'

マイクロソフト社のメーラ'Outlook'で書かれたメールに付いてくる、謎の添付ファイルwinmail.dat。
添付ファイルもすべてwinmail.datに化けてくる。
受信側のメーラがOutlookで有れば読めるのだが、それ以外のメーラでは添付ファイルを読む事が出来ない。Outlook Expressでは添付ファイルが有る事すら解らないそうだ。メーリングリストでは非常に困る。
「困った時のインターネット検索」で'winmail.dat'を検索してみた。
Outlookはデフォルトではリッチテキストフォーマット(RTF)で送信し、フォントやサイズ等の編集用データをwinmail.datとして添付ファイルを送りつける。Outlook以外のメーラ使用者には迷惑な話。Outlook側で設定を「テキスト形式で送信」または「HTML形式で送信」にすると回避出来るとか。
設定を変更すると同じメールが2〜3通来る事が有る。
この設定でも添付ファイルはwinmail.datに化けて読む事が出来ない。
今日も'winmail.dat'を検索してしまった。良い回避方法は無かった。
Outlookの使用を止め、他社のメーラを使用するのが一番良いだろう。

|

« 今日の野良仕事 | トップページ | 今日の野良仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の野良仕事 | トップページ | 今日の野良仕事 »