« 黒豆の挿し木苗作り | トップページ | ゴミゼロマーチ »

2011年7月 7日 (木)

思い込み

カラスノエンドウが茂り、枯れて倒れた畑の部分。枯れたカラスノエンドウを片付け、草を刈り、ミニカルチで耕耘中ローターが回らなくなった。
ローターを外そうとピンを抜こうとしたが抜けない。草や紐が絡んでロータを外側に押し出す力が働いているものと思い、ロータを内側に押すジグを作りピンを外そうとした。

2

ネジでロータ押し、ピンにかかる力をなくそうと試みたが不調。
仕方なく購入した店のサービスを受けることにした。ピンにハンマーを当てもう一つのハンマーで叩くとピンが抜け出した。最後はドライバーをハンマーで叩き、抜くことが出来た。

原因はこの石。

3

ロータの軸の部分にものがからんだのではなく、ロータのブレードとギアボックスの支えの金物間に挟まったものと思う。

4

もっと広く見渡せばジグを作る徒労も無く、簡単に原因を取り除くことが出来たはず。

|

« 黒豆の挿し木苗作り | トップページ | ゴミゼロマーチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒豆の挿し木苗作り | トップページ | ゴミゼロマーチ »