« 積雪が | トップページ | はまっていること »

2012年1月30日 (月)

WEBメール

Hotmailを使用している友人から、ホルダーに保存していたメールが消えてしまったとのメールが来た。残念がっていたので、我がコンピュータに保存されている、過去のメールを送れないかと実験をした。

Gmailにユーザ登録し、Mailの環境設定... --> アカウントにGmailを+する。設定をIMAPにするとMailの左のウインドウに、Gmailの空のホルダが現れる。友人から来たメールと送信したメールをコピーし、その、空のホルダに放り込む。Gmailに過去のメールがコピーされた。

Hotmailにもユーザー登録して、HotmailがGmailのメールを吸い上げるかの実験をした。パスワードが必要だがデータの転送はできた。GmailからHotmailへの転送も可能で、パスワードは必要なく、Hotmailに確認メールが行き、転送承認のバナーをクリックすると、転送が開始された。

友人のホルダー内のメールは、迷惑メールホルダー内に全部移動していたとのこと。一件落着。メールの転送は行わずにすんだ。

Hotmaiには"SmartScreen"というフィルタ機能が迷惑メールを監視していて、疑わしい送信者のメール全てを迷惑メールホルダー内に移動してしまう。迷惑メールホルダー内のメールは一定時間後に削除されてしまう。

今回の件で登録した二つのWEBメールは今後の使用は止めることにした。
メール内容でユーザを分析し、広告バナーが表示される。
サーバーがダウンして、データが消滅しても責任を取らない等が気に入らない。

|

« 積雪が | トップページ | はまっていること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 積雪が | トップページ | はまっていること »