« 久し振りのログイン | トップページ | 6502シミュレータをインストール »

2016年12月 2日 (金)

Javaのバージョンの切り替え

困った時のインターネット検索。お世話になったのがこのサイト、OSXでJavaのバージョンを切り替える 。記事に従いターミナルをたたく。
Javaの格納場所は

$ which java /usr/bin/java

リンク先は

$ ls -l /usr/bin/java lrwxr-xr-x  1 root  wheel  74 10 14  2015 /usr/bin/java -> /System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/Current/Commands/java

Javaのバージョンを確認

$ ls -l /System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/ total 64 lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.4 -> CurrentJDK lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.4.2 -> CurrentJDK lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.5 -> CurrentJDK lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.5.0 -> CurrentJDK lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.6 -> CurrentJDK lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.6.0 -> CurrentJDK drwxr-xr-x  8 root  wheel  272 10 14  2015 A lrwxr-xr-x  1 root  wheel    1 10 14  2015 Current -> A lrwxr-xr-x  1 root  wheel   52 10 14  2015 CurrentJDK -> /Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents

ここはAppleのJDKの格納場所らしい。OracleのJDKの格納場所はここ

$ ls -l /Library/Java/JavaVirtualMachines total 0 drwxr-xr-x  3 root  wheel  102  7 15  2015 1.6.0.jdk drwxr-xr-x  3 root  wheel  102 11 25 08:14 jdk1.8.0_111.jdk

環境変数のリストにJAVA_HOMEがないので.bashrcに追加する。

export JAVA_HOME=`/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/A/Commands/java_home -v "1.8"` PATH=${JAVA_HOME}/bin:${PATH}

.bashrcの変更を確定する。

$ source ~/.bashrc

Javaのバージョンが変更されたかを確認する。

$ java -version java version "1.8.0_111" Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_111-b14) Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.111-b14, mixed mode)

Java 1.8のインストールとバージョンの切り替えに成功したようだ。
しかしターミナルを終了してターミナルを 再起動すると、echo JAVA_HOMEを叩いても何も返ってこない。なぜ?
JAVA_HOMEを使うときはsource ~/.bashrcを打たなければならないようだ。

続く

|

« 久し振りのログイン | トップページ | 6502シミュレータをインストール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久し振りのログイン | トップページ | 6502シミュレータをインストール »