2011年1月28日 (金)

大豆の選別

土に窒素をと、大豆を果菜類や葉もの野菜の畦間に蒔いた。季節外れに蒔いたものも有り期待しなかったのだが、思いのほか採れた。mooさん達が蕎麦畑に作った大豆も沢山採れて、味噌作りをすると云う。一緒に作らないかと誘われ、味噌作り用に選別をした。

無農薬なので虫食いが多い。特にカメムシの影響を受けた豆は不味い。不味い豆で造った味噌は不味いだろうから排除したい。カメムシの影響を受けた豆は探し難い。水に浸して解る。そこで取り除くと豆の量がどれだけか解らなくなる。麹と塩の量も替えなければならない。怪しい豆を取り除く。

1_2

扁平、しみ、変形、等は不良とした。

3

紫斑病の豆は色が悪くなりそうなので。
約2.5kg。この豆で作った豆腐はどんな色になるだろうか?

4

粒の小さいものも取り除いた。
約2kg。これは畑の窒素定着用に蒔く予定。まめができたら枝豆用に使い収穫はしない。

残り約4.5kgが味噌作り候補に。歩留まり、極めて悪し。
その中の1割以上カメムシの影響豆が有るだろうと思う。水に浸し、黄色いしみの或る豆を取り除く。

大豆の選別は目視の手仕事で大仕事。
味噌作りは大量の豆が要る。
大豆はその他の作物の肥料用として作ることにする。


| | コメント (0)

2010年11月26日 (金)

ハヤトウリ

1

畑の隅で育ったハヤトウリ。そばを刈った時には実が無かった。短い期間に実を付け大きくなった。2本が発芽したが実は2個だけ。来年の種用にしよう。

今日の主な作業は枯れ草マルチをして使わなかった畑の部分のマルチを山に運んだ。
隣の畑の植木用の赤い種を付けた木(たぶんモッコク)でメジロがチーチーと鳴いていた。我が柿の木には毎年かなりの数のメジロが来るのだが今年は少ない。柿が不作だからか。猛禽類の所為か。時々大きなタカを見かける。

1_2


| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

今日の野良仕事

朝は神社掃除。
8時開始なのだが、メンバーの開始時間は早い。30分前から始まっている。爺さん時間。
今年はドングリが落ちていない。全国的に不作なのか。他県では熊が町に現れ射殺されたりしている。
「ドングリを集めて森の熊さんに送ろう!」と云うキャンペーンは起こらなかった。

四街道駅南口の広場が出来上がり記念のゴミ拾い。帰りは和良比地区を散策。樹木の多い公園や街路樹が植わっている道路の部分が広い綺麗な所が有る。

午後は落花生収穫跡に小麦を蒔く。

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

今日の野良仕事

1

夜露で体をロックされたようで飛べないシジミチョウ。

タマネギ、ハクサイ、高菜の苗を落花生収穫後に植えた。
時無しダイコン、ホウレンソウ「次郎丸」の種をまく。

| | コメント (0)

2010年10月17日 (日)

サツマイモ掘り

1

2

相変わらず図々しくキジバトがやってくる。蕎麦畑の隣に作ったサツマイモの収穫作業をしていても蕎麦を食いにやってくる。サツマイモの出来は悪い。ただ昨年より、大きい芋が有る。収量は少ない。

良く畑に来る猫達。
鳩を追いかけてくれるとありがたいのだが。
猫は畑に来ても邪魔にはならない。

午前中は芋掘り、午後は落花生掘り。落花生を掘った分だけカラス対策の網で囲った面積を増やした。
畑を荒らす生き物達が居なければ楽なのだが。

| | コメント (2)

2010年10月15日 (金)

落花生と蕎麦の収穫作業

1

神社掃除の後きれいにする会の上手繰川の清掃に行こうと思ったが、蕎麦と落花生の収穫作業を優先することにした。今日のゴミゼロマーチは市役所と合同作業。最近、勝手に市役所不信になっている所為も有り不参加を決意。

朝方の雨で蕎麦は濡れているので落花生堀から始める。
隣の植木畑で猫が喧嘩。大声で鳴き合っていた。猫の手を借りたい時期。猫はネズミを捕るから大歓迎。

| | コメント (0)

2010年10月10日 (日)

丹波大納言小豆

1_2

8月4日に蒔いた丹波大納言小豆。時期遅れで出来は期待していなかったが期待はずれ、つる丈は短いが豆が沢山付き、蔓が丈夫で折れたり倒れたりしていない。6月中に蒔いた同じ小豆は蔓が伸び過ぎ折れたり倒れたりしている。

収穫後の管理が悪く虫に食われた豆を適当に蒔いたものだが、怪我の功名と云うか勉強した。
小豆は7月後半にまいた方が良さそうだ。
種蒔き時期の選択は重要だ。

丹波の黒豆や丹波栗、丹波大納言小豆等、丹波の人たちは大粒の食べ物作りがお好きのようだ。

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

種蒔き

九条太ネギ、黄玉葱の種蒔き。
人力播種機クリーンシーダを使う。
播種ローラはC-12、ばらまきモード、スプロケットは車側11、ローラ側13、深さ1cm。

日本ほうれんそうの種蒔き。
人力播種機クリーンシーダを使う。
播種ローラはAA-12、ばらまきモード、スプロケットは車側14、ローラ側9、深さ1cm。

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

オクラ「丸オクラ」

2

丸オクラ(発売元ロイヤルホームセンタ)は大豆の畦の間に蒔いた。
昨年天地返しし畦の半分はナスを植えた。ナスは育ちが悪かったがオクラはひ弱だが実を付けるようになった。
丸オクラは5角形の星形オクラより収穫適期が長い(実になって筋が固くなる迄の期間)と云うことで興味が有った。

3

このオクラは一昨年青大豆の発芽しない部分にまいたもの。昨年も発芽したが成長が悪く実をつけなかった。2年間畑に埋まっていた種が発芽したものと思う。種はmoo_さんから戴いたもの。
今年も青大豆の畦だが実を付けた。

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

大豆

1_2

昨日購入した2冊の本。無肥料栽培の実験も壁にぶつかりこのような本を読むようになった。
拾い読み中、「究極の田んぼ」(岩澤信夫著)の大豆の栽培法についての記事を読む。
大豆は短日植物で夏至より早くまくと実がつかないと有る。
果菜類の肥料代わりにまいた大豆は多分実がつかないだろう。大きくなった大豆を抜いて根粒菌の数を数えてみようと思った。

1

木村秋則さんの本には大豆の根粒菌の数を数えろと有ったが数えきれない程沢山だった。
数を数えるのは苦手なので「沢山」と云うことにしよう。

農業をやるとなるとたくさんのことを勉強しなければならないのだと思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧