2012年5月27日 (日)

ジャガイモの花が咲いた

1

メークインの花。

2

男爵の花。
無肥料栽培を始めてからジャガイモの花がこんなに良く咲いたのは初めて。花が咲かない年が多かった。
収量も少なかった。今年は期待できる。
昨年大豆を作った畑。

| | コメント (0)

2011年2月23日 (水)

今日の野良仕事

左上の奥歯が折れて食べ物を噛めなくなってしまい、仕方なく歯医者さんで抜歯。
ジャガイモの種芋を植える準備。

3

いよいよ春。フキノトウが顔を出した。

4


5

ジャガイモの種芋を切り分け、切った面を乾燥して畑に植えた。畑はカラスノエンドウが生えている所。上はメィクイン、下は男爵。

| | コメント (0)

2010年7月21日 (水)

ジャガイモ(男爵とメークイン)

1

無肥料栽培を始めてだんだん採れなくなったジャガイモ。原因は畑がどんどんやせていったからだと思う。チガヤがはびこって来た。
春、カラスノエンドウが芽を出した畑の一角にジャガイモを植えた。種芋は男爵2kg、メークイン1kg。
枯れ草マルチをした跡と豆科植物の根粒菌効果か、今年はジャガイモが出来た。サイズや量はともかくとして。

| | コメント (0)

2010年7月 7日 (水)

ジャガイモ

2_3

根粒菌効果を期待して植えたじゃがいいもを3株だけ掘ってみた。
小振りだがまずまずの出来。肉じゃがにして食した。
昨年までは極めて小さな芋が一株に2〜3個しか出来なかった。
来年もカラスノエンドウが畑に生えたら実験してみよう。

雑草として忌み嫌われるカラスノエンドウ(右下の「検索フレーズランキング」をたどると除草方法が主)だが、逆に利用すると云うのは痛快。自然力の利用。

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

ジャガイモの花

1

ジャガイモの花が咲いた。メークインの方が。男爵はまだ咲かない。
一般の畑では珍しくもないが、我が畑では久しぶりである。
いつも花を咲かせず枯れた。葉の緑もいつもより濃い。

カラスノエンドウ効果か?
来年はジャガイモの畦を続けずに、間を空けてカラスノエンドウの畦を残そう。

名を知らない小さなかわいい花を見かけたので。

3


4

その他の野良仕事
メートルソルゴーをソラマメの畦間に播種。
里芋の種芋を植えた。
土が柔らかい畦が有ったので、試験的に、小松菜、水菜の播種。

| | コメント (0)

2010年5月11日 (火)

カラスノエンドウ効果

1

ジャガイモ(男爵、メークイン)の土寄せを昨日行った。
昨年秋蕎麦を栽培した畑にカラスノエンドウが沢山芽を出した。蕎麦の播種前に、畑の田の部分で刈ったカラスノエンドウを、草マルチにしたのが原因と思う。
カラスノエンドウは豆科植物で、空気中の窒素を根粒菌が土中に固定すると言う。

根粒菌効果の実験として、蕎麦耕作の畦間に種芋を置き土を掛けただけの手抜き栽培。
カラスノエンドウやその他の草を除き、土寄せをした。
昨年までは育ちが良くなかったジャガイモだったが、今年は期待できそう。親指大の芋が顔を出した。
カラスノエンドウの効果かもしれない。

期待して同時に蒔いた菜類、小松菜、からし菜は発芽状況も育ちも極めて悪い。
植えたキャベツの苗も育ちが悪い。
「そうは問屋が許さない」か。
菜類は根粒菌効果はなさそう。

畑とは言えない野原のようになった畑。
カラスノエンドウが実ってから草刈りをしよう。

| | コメント (0)

2010年2月26日 (金)

ジャガイモ

昨日ジャガイモ(男爵)の種芋を植えた。
蕎麦収穫跡。蕎麦収穫跡の畑は、カラスノエンドウが、多くはえている 。

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

馬鈴薯の種芋の植え付け

Bareisyo_2
保管していたジャガイモの種芋は芽が出た為梅干しのようになっている。
ホームセンタには種芋は病気を防ぐため毎年更新しましょうと張り紙がしてある。無視して自家採取の種芋を植えた。

| | コメント (2)

2008年3月11日 (火)

今日の野良仕事

Dscn1965

カラスノエンドウ

Dscn1966

根粒菌?

緑肥エン麦の土寄せ

発育が良い畝の土寄せをする。オオイヌノフグリやホトケノザ,名前の解らない小さな雑草が多い。カラスノエンドウも多い。カラスノエンドウの根を見るとつぶつぶがある。根粒菌なのだろうか?大豆は土に自分が作った窒素を吐き出すとのことだがカラスノエンドウはどうなのか。豆科植物でも窒素を土に吐き出さない物もある(小豆)からあまり期待しない方が良いか。

エン麦は土寄せする必要も無いのだが、落花生を蒔く予定の畑で除草を兼ねた土寄せ。

ジャガイモ(メークイン)の種芋を植える。

間隔は35cm、1畝(10m)。

Dscn1967

トマト用のポリマルチ

トマト用の畝作り

雨がふるとトマトが烈果する。高畝でマルチをすれば畑の水分過剰にならないだろうとマルチをする事にした。まだ苗が出来ないのだが,早めの作業は雑草が茂らないように。

| | コメント (2)

2008年3月 6日 (木)

今日の野良仕事

ジャガイモの種芋の植え付け

一昨日植えた残りのジャガイモ(男爵)の種芋を無肥料栽培区に植えた。40cm間隔で2列。

Dscn1954

網戸の網を敷き,砂利を2㎏敷く。

生ゴミ処理器の実験開始

以前から生ゴミは米糠をまぶし腐葉土を入れたみかん箱で処理をしている(生ゴミの堆肥化)

豊橋技術科学大学のホームページ生ゴミ処理コーナーに面白そうな処理方法が紹介されていたのでかねてから実験したいと思っていた。適当なプランタが手に入ったので実験開始。

Dscn1955

赤玉土を1㎏敷く。

プランタは3基。一つは生ゴミを処理して土が増えた分を2次処理に使うのだそうである。

Dscn1956

2個のプランタに山土を5㎏入れる。

ホームページでは園芸用土とあるが家の前の手入れされていない林の土を利用してみた。他家の山の物を失敬した事になる。3基のうちの2基に入れる。

Dscn1957

中央に穴を掘り分解しやすいゴミを投入しなじませる

2週間程馴養するため分解しやすいゴミを細かく刻んでいれる。今日はあまりゴミが無いのでリンゴ半分が冷蔵庫にあったのでその皮と茶殻少々を入れた。

Dscn1958

ゴミ袋を掛ける

夜の間はゴミ袋をかける。明日の朝袋に水滴が出来ていたら良好に分解が進んでいる証拠。

この方法は米糠が必要ない事で実験する価値がある。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧