2011年6月28日 (火)

大豆挿し木苗作り第3段階

1

双葉の中心の芽が伸びて来た。

2

土の上で茎を切り、この芽を指で掻き、128穴トレイに市販の「さし芽、種蒔き用土」を入れた床に挿し木する。
半分の64本はハサミで切り取ったまま刺し、後半分はハサミで切り取った後、ナイフで切り直してみた。
木の下の日陰に置いた。
成功するか?

この128穴トレイは6年前、無肥料栽培を始めた時、青大豆の苗を作ろうと購入した物。もうだいぶ疲れている様子。千葉のJAの野菜作りのサイトに鳥の被害防止に128穴トレイで苗を作ると良いと有ったので使った。大豆の直根は伸びが早く失敗だった。

| | コメント (2)

2011年6月26日 (日)

大豆挿し木苗作り第2段階

1

昨日、覆土した土を不織布ごと取り除き根に光を当てる。曇り空だったのでもう一日光に当てる。
白い根が紫色に成った。

2

篩を使い土をかける。


| | コメント (2)

2011年6月23日 (木)

大豆の種蒔き

究極の田んぼ 耕さず肥料も農薬も使わない農業」岩澤信夫[著]日本経済新聞出版社 に多収量大豆の苗の作り方が有る。

根が出た大豆を日に当て茎に葉緑素を蓄え、もう一度覆土し、発芽し双葉の中心に出た芽と、根を切り挿し木する方法。TMさんや、近くの畑を借りて農業をしている不動産屋さんも話していた。結構評判の方法らしい。

記事に書かれていることを自分なりに解釈して実験を試みる。
育苗箱に畑の土を入れ、充分潅水し、半日水に浸し冷蔵庫で冷やした種をまく。
種は青大豆(青御前)自家採種した種。昨年は不作で良い豆は食べてしまいクズ大豆。

1

種の上に不織布を敷き、畑の土を約1cm覆土。

2

余った種を「野口式種子発芽試験器メネミル」に30粒程まく。
さらに余った種は畑に。

| | コメント (0)

2009年6月30日 (火)

青大豆の種蒔き

ソラマメの後に青大豆の種をまいた。
種が足りず予定していた9畦のうち1畦を残した。

育ちの悪い、ナス(水茄子、米茄子)、キュウリ、カボチャ、ピーマンにぼかし肥料を与えた。

| | コメント (0)

2009年3月29日 (日)

青大豆の豆腐

青大豆の豆腐
一昨年産の青大豆で豆腐を作った。
まずい豆
カメムシの影響をを受けた豆は極めて不味い。約250gの豆を水に浸した。水に浸すとまずい豆がよくわかる。ミキサーにかける前に取り除く。約三分の一はまずい豆。
畑が完全に無肥料状態になったら虫の影響を受けなくなるだろうか?

豆腐は固めに仕上がった。
出来た豆腐は水に浸しておかないとどんどん固くなるようだ。売っている豆腐が水の中にある理由が解った。

| | コメント (0)

2009年3月26日 (木)

青大豆のおからのサラダ

青大豆で薄緑色の豆腐を作った際に出来たおからの利用方法をインターネットで検索。「クックパッド」と云うサイトにたくさんのレシピが有った。その中で手軽に出来そうなサラダを作ってみた。

おから 100g
ツナ缶 1缶
キュウリ 1本
マヨネーズ 適量
塩こしょう 適量
キュウリを薄く輪切りにし塩揉みし全部を混ぜるだけ。

豆腐は喜ばれたがサラダはそれほどでもなさそう。おっカァは元々おから嫌い。
豆腐と同じくらいおからが出来る。クッキー等美味そうだが材料を揃えたり手間がかかりそう。
今まで青大豆、落花生のおからは冷蔵庫で保管したが使いそびれて結局捨てていた。

| | コメント (0)

2008年11月 4日 (火)

青大豆

Dscn0232
青大豆が葉を落とし、莢が黒ずんで来た。
根元から刈り取りシートで追熟乾燥をする事にした。
根ごと引き抜いて束ねてオダがけするのが良いのだが、根を畑に残しかった。
10月30日撮影

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

今日の野良仕事

朝から神社掃除とゴミゼロマーチに参加。
Dscn0191
今日の成果。
パソコン、手提げ金庫、測定器か何かのCRTが数台が気になる。
手提げ金庫にはお金は入っていなかった。

午後からは大納言小豆の収穫作業。
相変わらずの虫食い豆を除く作業。

Dscn0196
青大豆は丸く太った莢とぺちゃんこな莢とがなっている。ぺちゃんこな莢を割ってみると扁平な豆が有りカメムシの匂いがする。今年は昨年より不作のようだ。

Dscn0197
秋そばの実が黒化して来た。そろそろ刈り取りだ。

| | コメント (0)

2008年3月 7日 (金)

実験経過

生ゴミ処理

生ゴミ処理のプランタに被せたゴミ袋に水滴がついた。 山土の水分が蒸発したのかゴミが醗酵したのかは解らない。今朝,とりあえず土を撹拌し袋を外し天日干しした。網をかけ虫の侵入を防がなくてはいけないのだが準備していないのでOpenのまま. 夕方袋を被せて保管。

生ゴミの処理の実験に何故こだわるのか,一応釈明を。
堆肥を作っていた頃生ゴミを堆肥に捨てていた。カラスが来て荒らされた。これが第一の動機。
堆肥作りのKnow-howをインターネットで検索してEMでの生ゴミ処理等の方法を得て実験。結構手間がかかる。
米糠を使う方法は毎日ゴミを埋めても量が増えないので永年(2〜3年)続けて来た。

生ゴミを各自で処理するようになれば,市営の清掃工場は要らなくなる。ゴミ袋や,ゴミの集積所も無くなり,カラスがゴミを漁らなくなると思う。ゴミの減少に努力しよう。

味噌作り

枝豆(米麹)の味噌作りは1週間を経過。特に変化は見られない。1週間毎に置き方を変えるとの事なので横にした。まだ寒いので醗酵が進んでいないようだ。

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

青大豆で味噌作り

自作の青大豆(種の名前は「緑大豆」青ごぜん)で味噌作り。
レシピは熊本市の池田屋醸造さんの物。
通販で麹と専用のビニール袋を購入。米味噌と麦味噌を作ってみた。
青大豆1㎏を今回は寸胴鍋で煮る事にした。

材料は
米味噌

  • 米麹 1㎏。
  • 青大豆 500g(煮つぶし後1100g)
  • 塩 305g
  • 煮汁 350g


麦味噌

  • 麦麹 1㎏。
  • 青大豆 500g(煮つぶし後1100g)
  • 塩 320g
  • 煮汁 470g


手順は枝豆用大豆で味噌作りとほぼ同じ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧