2016年12月 6日 (火)

6502シミュレータをインストール

ターミナルを起動し

$ source ~/.bashrc $ mvn -v Apache Maven 3.3.9 (bb52d8502b132ec0a5a3f4c09453c07478323dc5; 2015-11-11T01:41:47+09:00) Maven home: /opt/apache-maven-3.3.9 Java version: 1.8.0_111, vendor: Oracle Corporation Java home: /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_111.jdk/Contents/Home/jre Default locale: ja_JP, platform encoding: UTF-8 OS name: "mac os x", version: "10.11.6", arch: "x86_64", family: "mac"

これでMavenが起動できるようになったのでマニュアルどうりにsymon-masterのディレクトリで、$ mvn packageするとコンパイルとインストールが行われ、targetというホルダにsymon-1.3.0-SNAPSHOT.jarという実行ファイルが生成される。

$ cd symon-master $ mvn package

| | コメント (0)

2016年12月 2日 (金)

Javaのバージョンの切り替え

困った時のインターネット検索。お世話になったのがこのサイト、OSXでJavaのバージョンを切り替える 。記事に従いターミナルをたたく。
Javaの格納場所は

$ which java /usr/bin/java

リンク先は

$ ls -l /usr/bin/java lrwxr-xr-x  1 root  wheel  74 10 14  2015 /usr/bin/java -> /System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/Current/Commands/java

Javaのバージョンを確認

$ ls -l /System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/ total 64 lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.4 -> CurrentJDK lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.4.2 -> CurrentJDK lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.5 -> CurrentJDK lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.5.0 -> CurrentJDK lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.6 -> CurrentJDK lrwxr-xr-x  1 root  wheel   10 10 14  2015 1.6.0 -> CurrentJDK drwxr-xr-x  8 root  wheel  272 10 14  2015 A lrwxr-xr-x  1 root  wheel    1 10 14  2015 Current -> A lrwxr-xr-x  1 root  wheel   52 10 14  2015 CurrentJDK -> /Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents

ここはAppleのJDKの格納場所らしい。OracleのJDKの格納場所はここ

$ ls -l /Library/Java/JavaVirtualMachines total 0 drwxr-xr-x  3 root  wheel  102  7 15  2015 1.6.0.jdk drwxr-xr-x  3 root  wheel  102 11 25 08:14 jdk1.8.0_111.jdk

環境変数のリストにJAVA_HOMEがないので.bashrcに追加する。

export JAVA_HOME=`/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/A/Commands/java_home -v "1.8"` PATH=${JAVA_HOME}/bin:${PATH}

.bashrcの変更を確定する。

$ source ~/.bashrc

Javaのバージョンが変更されたかを確認する。

$ java -version java version "1.8.0_111" Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_111-b14) Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.111-b14, mixed mode)

Java 1.8のインストールとバージョンの切り替えに成功したようだ。
しかしターミナルを終了してターミナルを 再起動すると、echo JAVA_HOMEを叩いても何も返ってこない。なぜ?
JAVA_HOMEを使うときはsource ~/.bashrcを打たなければならないようだ。

続く

| | コメント (0)

久し振りのログイン

長いこと書き込みをしていなかったブログ。このところ、コンピュータをいじりまくっていろいろなことを勉強したが、すぐ忘れてしまうので書き込んでおこうと思った。
8ビットのコンピュータが流行り始めの頃、6502というCPUに興味を持ち、Rockwell AIM65という、ボード・コンピュータを買った。Intel 8080 CPUを使ったNECのTK~80が人気だった。PC-80パーソナル・コンピュータが発売された頃。

マイコンで周波数カウンタを作ろうと思い、バイナリ・データをBCD(10進数)に変換するプログラムを研究した時、6502にはBCDの計算ができる命令があったことを思い出し検索しまくった。6502.orgが面白い。またまた、脇道に逸れて行く。
アセンブラやシミュレータ、エミュレータをダウンロードして試験している。毎度のことだがインストールに苦しんでいる。ソースコードをコンパイルするMakefileが理解できないなど、もろもろの知識がないのが原因。

SYMON - A 6502 System Simulatorのインストールとテスト
このページの、見覚えのあるOSXの壁紙とGUIのスクリーンショットが面白そうなのでsymon-master.zipをダウンロードし、解凍してsymon-masterホルダを得る。
Java 1.8とMaven 2が必要なので、インストール済みのJavaは1.6なのでJava 1.8とMaven 3をOracleのJavaページとApache Maven からダウンロードした。Oracleのダウンロードページから最初にダウンロードしたのが jre-8u111-macosx-x64.dmg。インストーラーを起動し、インストール。
apache-maven-3.3.9-bin.tarを解凍し、ホルダーごとoptディレクトリへ、

 /opt/apache-maven-3.3.9

不可視ファイル、.bash_profileに

 export PATH=/opt/apache-maven-3.3.9/bin:$PATH

の一行を追加。ターミナルを起動し、マニュアルに従い

 $ mvn -v

失敗。インストールしたJavaがJREだったため。JDKが必要のようなのでjdk-8u111-macosx-x64.dmgを探してインストール。再び mvn -v を行うが失敗。ターミナルで

$ java -version

1.6のまま。

$ echo $JAVA_HOME

何も返ってこない。

続く

| | コメント (0)

2015年10月27日 (火)

テスト

ココログでSVGの表示ができるかのテストです。

「サンプル」

電子回路図などの大きな図面も表示できそうです。

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

OS X Mountain Lionをインストール

台風の影響による雨降りの日、久しぶりに長い時間コンピュータを開いた。これが無駄遣いの始まり。iCloud、Xcode 4の使い心地を試したくなり、Macの最新OS OS X Mountain Lionのインストールを決意。通販で500GBのハードディスクと特殊ねじ回しを購入。新しいハードディスクにデータをコピーするために必要なハードディスク・ケースは、品数が多く現物を見て買おうとヨドバシカメラに出かけた。

新しいハードディスクをハードディスク・ケースに装着しMacBook(13-inch, Aluminum、Late 2008)のUSBに接続しディスクユーティリティで初期化、復元(コピー)、約2時間かかった。MacBook底面の蓋を外し、電池とハードディスク(160GB)を取り外す。シリアルATAケーブル、両側面の特殊ねじ4本を抜き、新しいハードディスクに装着する。ハードディスクと電池を元の位置に戻し、交換終了。

電源を入れるとSnow Leopardが無事起動。ディスクユーティリティでパーティションを作成、Snow LeopardとMountain Lionの檻を作った。AppストアーからOS X Mountain Lionを購入し、Mountain Lionインストーラを起動して新しいパーティションMountain Lionの檻にインストールした。

MacBookから取り外した160GBのハードディスクはハードディスク・ケースに装着し、Time Machineでバックアップコピーした。

| | コメント (0)

2012年3月19日 (月)

タケノコ

1

今年初のタケノコ掘り。今年は寒い日や雨の日が多く、見回りをしなかった。
寒い日はコンピュータの勉強。PICマイコンのIDE(統合開発環境)MPLAB Xを試用。手持ちのコントローラPIC12F、PIC16Fのプログラム開発には適していないことが解る。無料のHITEC C liteコンパイラは使えることは使えるが、やたらとGOTO命令が入り、遅いプログラムになり使い物に成らなそう。MPLAB X上のSDCCコンパイラはPIC16FxxxAと、Aがつくコントローラを認識しない。PIC18用のmclabc18コンパイラは使えそう。
これらもいろいろと試行錯誤して泥沼にはまった。いっこうに先に進まない。

| | コメント (0)

2012年2月24日 (金)

はまっていること

2

PICマイクロコントローラを使い温度や気圧の測定をしようと、部品や開発システムを揃えていた。 先ずはサンプルプログラムをSDCCと云うフリーのCコンパイラでコンパイルし、プログラムのデータファイルを作り、PICkit 2プログラマ、AC162049 ユニバーサル・プログラミング・モジュール、AC164110 RJ-11 - ICSP 変換アダプタ の構成で書き込みを試みた。

ターゲットはPIC16F628A。 ターミナルからpk2cmdを起動

MacBook:~ yasuo$ PK2CMD -P
Auto-Detect: No known part found.

VPP Error detected.  Check target for proper connectivity.

失敗。デバイスが検出されない。
PIC12F683、PIC16F84Aで試験したが何れも失敗。 直接ブレッドボードを使いテスト。

1

pk2cmdで

MacBook:~ yasuo$ PK2CMD -P
Auto-Detect: Found part PIC16F628A.

Operation Succeeded

こんどは成功。
AC162049 ユニバーサル・プログラミング・モジュールのVPP 回路の発光ダイオードを点灯しないようにすると最初の写真の構成でもOKであった。
わざわざプログラミングモジュールやケーブルセットを買わなくても良かったかも。一定の金額以上注文すると送料無料と云うことで揃えてしまった。たしか、PICkit2の価格はDigkeyさんが一番安かった。
ここ迄くるまで、サンプルプログラムをコンパイルするとSDCCはエラーを何度も表示して、マニュアルを読み直したり、インターネットを検索したりで泥沼にはまり込む。SDCCのバージョンアップやサンプルプログラムが書かれたコンパイラの違いが原因。

SDCCの文法の亡備録。

インラインアセンブラを使う場合

#define NO_BIT_DEFINES

をデバイスのインクルードファイルの前に書く。

#define NO_BIT_DEFINESを指定した場合、特殊機能レジスタ(SFR)のビットのアクセスは

<sfrname>_bits.<bitname>

コンフィグビットの指定
#include<pic16fxx.h> //アドレス、特殊レジスタの構成
#include<stdint.h> //"uint16_t" を使う為に
static __code uint16_t __at (_CONFIG1) configword1 = _INTRC_IO & _CP_ALL & _WDT_OFF & [...];
static __code uint16_t __at (_CONFIG2) configword2 = [...];

PIC12F683、PIC16F84A、PIC16F628A、PICkit 2プログラマ、AC162049 ユニバーサル・プログラミング・モジュール、AC164110 RJ-11 - ICSP 変換アダプタはMicrochip Technology Inc.の製品。

| | コメント (2)

2012年1月30日 (月)

WEBメール

Hotmailを使用している友人から、ホルダーに保存していたメールが消えてしまったとのメールが来た。残念がっていたので、我がコンピュータに保存されている、過去のメールを送れないかと実験をした。

Gmailにユーザ登録し、Mailの環境設定... --> アカウントにGmailを+する。設定をIMAPにするとMailの左のウインドウに、Gmailの空のホルダが現れる。友人から来たメールと送信したメールをコピーし、その、空のホルダに放り込む。Gmailに過去のメールがコピーされた。

Hotmailにもユーザー登録して、HotmailがGmailのメールを吸い上げるかの実験をした。パスワードが必要だがデータの転送はできた。GmailからHotmailへの転送も可能で、パスワードは必要なく、Hotmailに確認メールが行き、転送承認のバナーをクリックすると、転送が開始された。

友人のホルダー内のメールは、迷惑メールホルダー内に全部移動していたとのこと。一件落着。メールの転送は行わずにすんだ。

Hotmaiには"SmartScreen"というフィルタ機能が迷惑メールを監視していて、疑わしい送信者のメール全てを迷惑メールホルダー内に移動してしまう。迷惑メールホルダー内のメールは一定時間後に削除されてしまう。

今回の件で登録した二つのWEBメールは今後の使用は止めることにした。
メール内容でユーザを分析し、広告バナーが表示される。
サーバーがダウンして、データが消滅しても責任を取らない等が気に入らない。

| | コメント (0)

2011年1月 1日 (土)

年賀状作り

2011_03

昨年末千葉に行ったらプリントゴッコの消耗品が売っていた。プリントゴッコは既に生産中止で昨年はプリンタで年賀状を作った。
今年はプリントゴッコで作ろうと思い、製版用の図を作り印刷したら正しく印刷できない。
プリンタメーカ(沖データ)に電話をしたら修理代は10,500円プラス部品代とのこと。同じ様な仕様のプリンタは15,000円くらい。新しく買った方が手間ひまを考えると安上がりかと、ブラザー工業のレーザプリンタを買った。

マゼンタの版と黒の版2枚を製版。誠にシンプルな素っ気ない年賀状を作った。

| | コメント (0)

2010年4月20日 (火)

輸入品

PICマイクロコントローラをいじってみたいので、プログラマーをデジキーに注文したら、海外からの発送になる、と云うことで昨日入荷した。3PICkit 2

4UNIVERSAL PROGRAMING MODULE

この二つのユニットをつなぐための部品を注文するのを忘れた。また秋葉原に出かけて、部品を買い、これは自作しよう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧