2014年3月24日 (月)

人参の種まき

午前中は竹山の整理、午後、人参(子安三寸人参 野口種苗研究所)の種まきをする。覆土はせず、水やりをして乾燥して種が飛ばないよう、不織布で覆う。土が乾燥したら不織布の上から水やりできそう。

| | コメント (0)

2012年5月31日 (木)

種蒔きの記録、記憶?

トウモロコシ「味来のピクニックコーン」(アタリヤ農園)
丸オクラ「スムースグリーン」(アタリヤ農園)5月31日
アスパラガス「メリーワシントン」(サカタのタネ)5月28日
キュウリ「霜知らず地這い」(サカタのタネ)5月23日
スイカ「黒玉スイカ タヒチ」(自家採種)5月19日
落花生「千葉半立ち?」(永年自家採種)5月16日、19日

キュウリは昨年種取りをしようと完熟させたが種が出来なかった。種が出来ないよう品種改良されているのだろうか。

落花生は殻の大きさがそろっていて数量が多そうな株を選別した。

| | コメント (0)

2011年8月18日 (木)

メートルソルゴーを緑肥に

11

メートルソルゴーを刈り、押し切りで小さく切り畑に広げ、米ぬかをと米のとぎ汁醗酵液を撒き、ミニカルチで耕す。メートルソルゴーの切り株は大きくミニカルチに引っ掛かり、作業はたびたび中断。
緑肥作業は大きなトラクタでするべきだ。

9

ミニカルチは過酷な作業を強いられ、ついに遠心クラッチが故障した。ライニングがすり切れ金属素材がむき出しになり、部品交換修理をしてもらった(8月16日)。

| | コメント (0)

2007年5月11日 (金)

EM米のとぎ汁醗酵液の効果

カボチャとジャガイモに葉面散布したEM米のとぎ汁醗酵液。
今日、虫の数が極めて少なくなった。
EMの効果で作物が元気になったようだ。

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

冬のエシャロット

Dscn1187エシャロットの球根の説明書にはうえ時8月〜9月、収かく11月〜4月と有る。試しに元気の良い株を掘り上げてみた。まだ分けつは進んでいない。

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

今日の野良仕事

イチゴの畝にポリマルチ掛け。

| | コメント (0)

トカゲの団子

昨日は大和芋(銀杏芋)掘りをした。驚いた事にトカゲの団子が所々に有った。
小さなトカゲが身を寄せ合い団子になって越冬しているようだ。気持ち悪いので写真に撮らず、土を被せ元に戻してやった。

芋は不作で銀杏型にはならず丸くなっていた。
病気にかかり消えた芋が多く、残った芋も病気にかかっている。
種芋は植えっ放し、雑草は生え放題の状態だったのが原因かも。

里芋の畝に霜よけのために刈り取った雑草を被せた。
里芋の発育は良くなかった。

| | コメント (0)

2006年12月 1日 (金)

今日の野良仕事

練馬たくあんダイコンの収穫。
Dscn1146葉にアブラムシ(アリマキ)がついた株も有った。葉としっぽを切りはずし、乾燥させ、たくあん漬けに挑戦。これだけで足りるのか心配である。カメラの電池が自己放電して、撮ろうとしたときに撮れず、充電し終わった時は日が陰り露出不足になってしまった。収穫後の畝は落花生の残滓を埋めた。

緑大豆(青ごぜん)の収穫。
軒下に吊るし、乾燥させた株から実を取り出す作業をした。虫の影響を受けた豆が多くがっかり。まだまだ土の状態が悪いため虫の害を受けるのだろう。前途多難。家庭菜園で使っていた畑の枝豆は茂り過ぎて豆がつかず最悪の状態だった。小豆、枝豆、大豆、豆作りは難しい。

| | コメント (0)

2006年11月29日 (水)

この頃の野良仕事

冬物野菜の種蒔きも終わり、落花生の残滓や小豆の豆を採った莢を、畑の空いている畝に埋めている。微生物の餌となり微生物が野菜の肥料を合成してくれるはず。小豆はまだ青い莢を付けた株が有るがほとんど収穫して終わった。思ったより収穫出来たが、虫の被害が多く豆の選別作業が大変。残滓が枯れたら、これも畑に埋める。緑大豆(青ごぜん)は乾燥して豆を莢から外している。収量は少ない。緑の豆腐は作れるだろうか。

| | コメント (0)

2006年11月 6日 (月)

落花生の収穫

積んだ落花生をカラスが崩し始めた。カラスに荒らされる前にと、昨日落花生のもぎ取り作業を始めた。良く乾燥している。ネズミの被害も多少有る。手でもぎ取るため能率が悪く少し残ってしまったので今日これから継続してもぎ取り作業をする。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧