2007年12月 4日 (火)

人参と小カブの収穫、そして

Dscn1821昨年種採りをした5寸ニンジンを7月に種蒔きしたものを収穫。これで全部。
発育が悪く、型も良くない。

Dscn1824みやま小かぶの大きくなった株と、込み合っておろ抜いた株。
みやま小かぶは有機栽培や無肥料栽培に向いていると云われる。ようやく型の良い物が出来た。

Dscn1825収穫したニンジンを全部種採り用に定植。
45°に傾けて株間約50cmで千鳥に植え、隙間が出来ない様足で良く踏みつけた。

Dscn1826みやま小かぶの型の良い物7株を種採り用に定植。

Dscn1828霜対策に、篠竹をさす。
昔は良く見かけた光景だが最近はあまり見かけなくなった。
小カブはトンネルをする様、袋の説明に書いてあるのだが。

Dscn1829Dscn1830寒い時期に咲いているすみれを発見。

| | コメント (0)

2007年11月12日 (月)

緑肥用エン麦の種蒔き

昨日はおかしな天気だった。
天気予報通り、夕方には雷雨、日中は曇り、時々霧雨の中、畑の奥の落花生収穫跡に緑肥用エン麦を蒔いた。
浅めの畝を作り、もちろん無肥料での種蒔き。落花生の畝の間隔は60cmだったが間隔を70cmにした。来年の落花生の畝の間隔は70cm。
今日は快晴。日の出から筑波山がはっきり見えた。
今日も麦まき、今日と昨日で6列。これからは雑草地帯の雑草を片付けてからの種蒔き、はかどらないと思う。
のんびり農業生活実施中。

麦まき中に、畑の深い所にある大和芋を掘る。
畑の前耕作者が残して行った芋。除草や中耕の際に蔓を傷めたので小振りである。

| | コメント (0)

2007年11月 3日 (土)

芋掘り

Dscn1774土曜ワイドラジオ東京を聞きながら、サツマイモ「紅高」掘り。
午後親戚の農家さんが、ダイコン、株、ホウレンソウ、キャベツ(これらの野菜は上手く出来なかった)を持って来てくれ、その際芋の出来具合を見てもらった。肥料をやらないでこれだけ出来れば大したもんだやと誉めていただいた。2株程さし上げた。今年はまあまあの出来と云う事にしておこう。
紅高は甘みが紅東より劣るようだ。焼き芋で食したがほくほくしていた。

| | コメント (0)

2007年10月24日 (水)

絹サヤエンドウの種蒔き準備

Dscn1732絹サヤエンドウの種蒔き準備の為、小豆の莢を埋めた。小豆が採れ始め、豆を取った後の莢を微生物の餌用として畝に埋める。畑で採れた物は腐らせないで畑に返す。堆肥は入れない。無肥料栽培の作法。

| | コメント (0)

2007年10月10日 (水)

ソラマメの種蒔き

ソラマメの種蒔き。
キュウリ、白瓜、れいし等の種を蒔いたが発育不良だった区域。
不耕起で種を蒔きたかったのだが、畝にモグラの通路が有り、トンネルをつぶすために鍬で土を起こした。
10坪のブロックに3畝、株間40cm、畝の間隔1m。

| | コメント (0)

2007年9月28日 (金)

今日の野良仕事

小豆の莢が黄色になって来た。周辺の雑草を刈り取る作業をしたがヤブ蚊と暑さでダウンし、長い昼寝をしてしまった。
落花生もそろそろ収穫の時期。日当たりが悪い部分はかなり葉が落ちている。試し堀をし茹で落花生にした。豆の付き具合は良くない。

| | コメント (0)

2007年9月24日 (月)

今日の野良仕事

Dscn1699昨晩食した小豆の枝豆。
インターネットの記事に、小豆の枝豆が美味いと有ったので試食してみた。粒が小さいので食べゴタエが無くそれほどでもない。ただ小豆独特の味が良い。

Dscn1711その小豆だが実を落とす虫がいる。何の虫かと調べたが小さな蟻がついている。蟻のせいか。
かなりの損失である。
今年は豊作かと思ったがそれほどでもない。豆同士をつないで食害する虫も出て来た。

Dscn1710西瓜を栽培した畝のポリマルチを外した。
モグラのトンネルをたどってみた。
西瓜は順調に育ったが途中で枯れてしまった。これが原因だったのだろうか。7月の日照不足と8月の猛暑、日照りのせいか。
この畝をならして小かぶ「みやま小かぶ」(野口種苗研究所)と、ほうれんそう「日本ほうれんそう」(サカタのタネ)を蒔いた。

| | コメント (0)

2007年9月 7日 (金)

台風9号に依る被害(小豆)

Dscn1683Dscn1684Dscn1685枝分かれした所から裂けるもの、根元から倒れるものが多い。根元から倒れたものは土寄せして復旧出来そうだ。

| | コメント (0)

2007年8月30日 (木)

胡麻二体

Dscn1658収穫目的で栽培した胡麻。
昨年収穫した種を無肥料で蒔いた物。芋虫に葉を食われて丸坊主の状態。畑が無肥料の良い状態だと虫に依る被害が無いと云うが。まだ畑が無肥料になっていないのだろう。

Dscn1660ネギの畝に芽を出し、育った胡麻。
収穫後の胡麻の残滓を埋めた畝で、おそらく残滓についていた種が発芽したものと思う。こちらの胡麻は虫の食害に遭っていない。実の付きも非常に良い。ネギの畝の土は良い状態だと思う。胡麻は無肥料栽培に向いているかもしれない。
豆類(大豆、小豆、落花生、そら豆、絹サヤエンドウなど)は今年は良い状態である。
果菜類(ナス、ピーマン、キュウリ、れいし、白瓜、ひょうたん等)は育たなかった。

| | コメント (2)

小かぶの種蒔き

小かぶ「みやま四季蒔小かぶ」(野口種苗研究所)の種蒔きを実施。
在来種で有機栽培や無肥料栽培でも良く育つと云う。
種が不足して空きがある、ニンジンの畝に追加の種蒔き。
貴重な種であるので薄く蒔いた。

| | コメント (0)