2008年9月16日 (火)

しょうが

Dscn01132008/09/15撮影
種生姜の処理に失敗した今年の生姜作り。
一株だけが芽を出した。全滅と思い草刈りをして種蒔き用に耕していて発見。
右はチガヤが種生姜を串刺しした写真。

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

サイカチの木

Dscn2076

種ショウガ

昨秋に埋けた生姜を掘り上げた。皆無事のようだ。happy01

野良仕事をしていたら道を聞かれた。 行き先はサイカチの木のある場所。 家を聞かれる事はあるが木のある場所は珍しい。地図を見せられたので案内した。サイカチの木は珍しいのであるとの事。大きな莢の豆が周囲に落ちていた。サイカチの木は知らなかった。少し勉強になった。

オッカアは早起きしてゆでたタケノコを切り缶に詰め農協へ。 缶詰作りである。 タケノコを6本掘った。この時期は太い大きな物が多い。根の深い所から出るので。

| | コメント (2)

2007年12月 1日 (土)

ショウガの塊茎の保存

Dscn1800種採りハンドブックに依ると

塊茎の土中の保存はむずかしい。
最も良いのは、地下室で、塊茎を平面に並べては土を被せ、その上に再び塊茎を寝かせる。
呼吸熱を出させながら温度を保って冬を過ごすのが最も良い。

とある。
凡そ70cmの穴を掘り生姜を並べた。
Dscn1801薄く土を被せる。

Dscn1802わら屑を被せる。
春に成って掘り返す際、目安に成る。

Dscn1803パイプで息抜きを作ってみた。
子供の頃、親が芋等の保存のため、竹で息抜きを作っていて、シジュウカラが巣を作ったのを思い出す。

雨避けのためのビニールトンネルを施す。

里芋やサツマイモの保存を試みたが、成功した事が無い。
何割かは腐ってしまう。今回はどうなるか。
11月18日実施。12月1日記録。

| | コメント (0)

2007年11月17日 (土)

しょうが「房州赤芽生姜」

Dscn1799しょうが「房州赤芽生姜」を収穫。
植えるのが早すぎて芽が出るのを随分待った。
無肥料のため根は小さい。全く育たないのではと心配したのだが一安心。
種用に保存して来年も作る予定。保存には畑の深い穴を掘る大仕事がある。
他に、無肥料(残留している肥料はあると思うが)でも大丈夫そうな作物に胡麻がある。

| | コメント (0)

2007年3月30日 (金)

今日の野良仕事

種しょうが「房州赤芽生姜」(柳川採種研究会)1㎏の植え付け。
ショウガを作るのは始めて。

昨日はエダマメ「ふさみどり」(サカタのタネ)を128穴トレイに種蒔き。
3月6日に蒔いた物が発芽不良のため。おそらくネズミに食われた物と思う。
3月22日蒔いた物は順調のようだ。

ジャガイモが発芽し始めた。

| | コメント (0)