2011年5月16日 (月)

みそら小学校野外学習の応援

NPO法人四街道めだかの会は市内の小学校の野外学習や自然観察会を行っている。教材としてメダカの配布もしている。
今日は高龗神社周辺の学習。TMさんから子供の頃の四街道市の様子を子供達に話してほしいとの要請を受けて、高龗神社で合流。
昭和20年代の子供達の遊びを中心に当時のこの地区の様子を話した。準備不足で話そうと思っていたことの半分くらいしか話せなかったと思う。毎年、高龗神社、タケノコ掘りが行われるが今年はタケノコがでないのでタケノコ掘りは中止。
工事中止で自然破壊状態の区画整理の麹現場を見学。地層様子を学習したり大昔の貝殻を拾ったり。

1

調整池の堤が雨で崩壊、雨水で大きく削られている。

4

ここからは調整池、佐倉市馬渡の里山を学習。

| | コメント (0)

2011年1月23日 (日)

新年会の梯子

今日は四街道めだかの会の新年会と地区の行事、奉謝祭(おびしゃ)に参加。10時半頃から餅つきの準備、漬け物を切ったりのお手伝い、12:00開催で餅つきの手伝い。杵の振り方を講釈したが、??
昔の杵はもっと大きく、重く握った手が固まった。巧く餅つきをする人は少ない。
その後13:30 開催に地区の行事のおびしゃに参加。。
オビシャは昔はその年の気候を占う行事だったようだが、今は単に新年会。

| | コメント (0)

2008年5月26日 (月)

メダカ捕獲作業

Dscn2121

メダカ田圃の全景

Dscn2126

メダカ捕獲作業

Dscn2122 高おかみ神社(中央の森)
周囲の土はは削られてしまった。

午後はメダカ田圃でメダカ捕り。 メダカは絶滅危惧種。なんでか? 区画整理などしなければわざわざメダカを保護する為の田圃など必要なかったのに。 重機で荒らしてメダカの生息地をなくす。一方保護しなければと云う人達が居る。 環境を作り替えようとする人達。 自然に出来た環境をそのままにと願う人。

昔はメダカなぞ振り向きもしなかった子供達。
今は小学校の教材だとか。
絶滅危惧種なのにそんな事して良いのだろうか。
教育委員会、先生、おかしい。
メダカを供給するメダカの会。疑問。
こんな考えだとメダカの会を除名されるかもしれない。

| | コメント (0)

2008年5月24日 (土)

メダカ田んぼの草刈り、メダカ捕獲の準備作業。

落花生の種蒔きの途中で3時を過ぎてしまい、遅れてメダカ田圃に到着。Tさん、Mさんが泥まみれになり作業中だった。

区画整理区域内にあるメダカ田圃がつぶされるためメダカを新しい田圃に移す為の準備。
田んぼの水源をせき止め田んぼを干して捕まえれば良いのだがそんな環境ではなさそう。せき止めた水をバイパスする水路も無いし明日の捕獲作業は大変そう。

子供の頃「川干し」と云う方法で魚を捕まえた事がある。子供は大勢でやる。
川を塞き止め川の水を脇の田圃に流し込む。川の水が無くなると魚が小さな水たまりに集まり捕まえやすい。綺麗な緑色をしたうなぎを捕まえた事がある。ガキ大将からバケツに入れたうなぎを見張れと指示されたが逃がしてしまった苦い経験がある。

昔の子供はスケールが大きかった。
リスの巣を捕るため木に登ったり、ホージロを捕まえる為の罠を仕掛けたりでメダカの会の大人以上だったと思う。

| | コメント (0)